足場解体

今日は、午前中にお客様来社、建築ご相談。その後は、見積作業。夕方に現場確認でした。

本日は、松岡の現場の足場解体が行われました。

やっとスッキリしました。

今回、足場屋さん朝から夕方までかかって解体していきました。

監視カメラで見ていても、まだやってるなという感じで。

でも、解体を慌てず丁寧にやってくれることは大歓迎です。

せっかく綺麗に仕上げたのに、傷でも付けられたら困りますからね。

 

いよいよ、これから外構工事にも取り掛かっていこうと思います。

いろいろ段取りをしていきたいと思います。

カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

足場解体前/火災保険の件

今日は、朝一に現場確認と大工さん打合せ。その後、土地の確認。11時に火災保険担当者来社。その後は、発注作業と施工図作成と、見積作業でした。

松岡の現場も、明日には足場解体となりました。

先日からクリーニングも依頼して、その後も息子にチェックさせて、本日また私の最終チェックをしました。

クリーニング屋さんもやってはくれているのですが、まだまだ…。自分の目で確かめるのが一番です。

大工さんも、1階の造作にかかりだしたので、大詰めになってきましたし、外構も足場が取れたら行うことも多々ありますので、それぞれ進めていきたいと思います。

 

火災保険の担当者が来たのは、当社が火災保険の代理店業務もやっているので、毎年の確認事項の内容でした。

先日の台風や地震でも、かなりたくさん修繕があったみたいです。

当社のお客様からは、大きな音がして、近所の工事現場で何かあったのかなと思うくらいでした。というメールをいただいたり、ご家族で居て、揺れは感じたけれど怖い感じではなかったというお話をお聞きしましたので、安心して、他も大したことなかったのかなというところでしたが。

当社が代理店になって火災保険をお出しするメリットというのは、やはり事故があった場合に、私が夜中であっても、まず窓口になって、保険会社との連絡・見積出し・修繕施工まで、一貫して対応できる点です。

その点をご理解いただきまして、入っていたいております。またご検討いただければと思います。

カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

誰が造っても同じではない

今日は、朝一に温水器をエコキュートに交換するお客様宅へ設置場所の現場指示。その後、現場確認と設計作業。

午後は、プラン提出のお客様来社打合せ。その後、エコキュート設置確認と現場確認。戻ってこまぎれ作業でした。

松岡の現場は、大工さん二人で、天井面のボード張りを行ってくれました。

昨日は地震で、ショッピングセンターや学校の天井が落ちたとか報道がありましたが、公共建物は、軽量鉄骨の天井下地にジプトーンという安い天井板を張ってあるものがほとんどです。

この板が割れて落ちるんですが、例えば水が付いたりして柔らかくなっていると落ちやすくなると思います。

 

住宅の場合、板が割れて落ちるというのは、あまり聞かない話ではありますが、当社では安い杉の下地材ではなく、基本的に松を使います。強度が違いますので。

杉は柔らかくて、ビスを回しすぎると、すぐ空回りしてしまうので、ビスの保持力が心配ですね。当社の大工さんも使いたがらないものです。

 

家って、誰が造っても同じになるものなら心配はないのですが、大工さんの腕は大いに関係しますし、どんな材料を使っているかでも大きく違ってくるものです。

これは、住宅選びをしなくてはならないお客様にとっても、大変重要なことなのだけれど、憶測ではわからないですよね。

私どもも、どう伝えたら良いのかなと思うところです。

 

数値として表われるのは、やはり気密測定値ですね。これなら、どこの工務店、ハウスメーカーが建てたとしても、はっきり優劣が分かります。

日本の住宅のクォリティーを上げるなら、気密測定を原則行うように、国土交通省が法律化することだろうなと思います。

今は、法律化するどころか、気密の項目を無くしてしまって、大きな間違いを犯したままですが…。

デザインと機能と

今日は、朝一に現場で作業。その後リフォーム店舗のエアコンの取付打合せ。その他は、小口工事の段取りと設計と見積作業でした。

今朝は、風の音で目が覚めて、監視カメラで現場を確認して、ひとまず大丈夫と思うのですが、気になってしまって、朝早めに現場に行きました。

息子が、昨日のうちに足場の控えにクッション材を挟んでくれていたので大丈夫なのですが、北側に張ってあるメッシュシートは外しました。少しでも風を受けないほうがいいですからね。

台風9号は去りましたが、次に10号が来ます。進路は、当初より西にそれそうですが、九州のほうは心配です。9号でもかなり被害があったみたいで。

 

現場造作ですが、2階の連窓窓の4方枠が出来上がりました。

いつもは、窓廻りは、下台だけにして3方はクロスまき込みにします。

今回、ここだけ4方枠を、しかも壁から出っ張るように取り付けたのは、窓の一体感を創り出すことと、柱部分をまたいでブラインドが付けられるようにと考えたものです。

カーテンやブラインドの事も、設計時点でどのようになるかを想像したうえで考えていかないと、後でどうしようってなってしまいますからね。

デザインと機能は、お互いに活かしあう意味を持たせていきたいですね。

小口工事

今日は、午前中は店舗改装のお客様のお手伝いで、荷物の引っ越し作業を息子と二人で行いました。私も久々の力仕事でした。

午後は、あれこれ発注作業と見積作業と段取り設計作業に追われました。

最近、小口工事があれこれ増えてきて、あれもしなきゃこれもしなきゃって感じになっていますが、それぞれにお困りのことを、解決していくことで喜んでいただけるのですから、それぞれ、きちんと対応していきたいと思います。

松岡の現場も、ほぼ外壁は張られたのですが、この後コーキング工事に入ってもらうのと、クリーニングが残っています。

台風10号が週末に迫っているので、対策は十分に行っておきたいと思います。

カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

小屋裏利用で

今日は、午後にトーヨーキッチンさん来社のほか、お客様宅訪問と現場確認。その他は設計作業と見積作業でした。

松岡の現場は、ロフトの床が張られました。

天井は低いですが、けっこう広く感じます。どんな風に使われるかなと楽しみです。

もうひとつ、ロフト階段の踊り場から使える小屋裏空間を、収納にして作らせていただきました。

普段あまり使わない物の収納もあるといいですよね。

カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

外壁もあと少し

今日は、午前中にお客様宅換気システムメンテナンス訪問。午後は、外構リフォームの打合せと、その後、設計と見積作業。夕方に現場確認でした。

メンテナンスのお客様宅も、お伺いすると、それ以外にもあれこれと依頼を受けます。築0年も経つといろいろ出てきますね。

前の会社のお客様ですが、ずっとメンテナンスはお声かけくださります。やはり勝手を知っているものがメンテナンスもさせていただくのが一番いいことだと思います。

松岡の現場は、ポーチ・テラス部分のガルバリウム鋼板が貼り終わりました。外壁は残すところあと少しです。

出窓のサッシの連窓部分も、ガルバを張ってもらい、カッコよく納まりました。

足場も早く外したいところですが、足場屋さん忙しいらしく、ばらすのは9月の中頃となりそうです。

カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

Houzzの写真追加

今日は、午前中2回現場確認と打合せ。午後は13時半からFPの家北信越の支部長会議をzoomで参加。その後また現場確認とお客様宅訪問。そして設計作業でした。

午前中に、無垢フローリングの追加分が届いて、検品と使用場所で仕分け作業を行いました。

今回も、色も揃っていたので安心いたしました。本当はこうでなきゃいけないですね。今日で、ほぼ無垢フローリングは貼り終わりました。

板金屋さんは、ポーチ・テラスのガルバリウム鋼板を張り始めました。こちらは目地無しスパン型ですね。

この後、丸岡のお客様宅に、工事中と完成時の写真をまとめたDVDをお持ちしましたら、また新たにモニュメントが出来上がっていました。

これもまた、ご主人のセルフビルドですが、かっこいいですね!

ブロックを積んで、墨入りモルタルで施工されることは伺っていたのですが、ここまで立派になるとは!ムラや擦れ具合が絶妙です。

ほんとにプロの左官屋さんとして、仕事をお願いしたいくらいです。

こちらのお宅の完成写真を、「Houzz」のほうにも写真アップさせていただきました。

Houzzは、当社ホームページの一番下のバナーがありますので、そちらからクリックして入ってぜひご覧ください。こちらの方が、当社の建築事例より、大きな画像でご覧いただけます。

フローリング張替え

今日は、午前中にフローリング剥がしの現場作業と、その後リフォームのお客様宅へ見積提出。午後は設計作業で、夕方にまた現場確認。その後、お客様宅訪問バルコニーメンテナンス打合せでした。

フローリング剥がしも大変でしたが、なんとかボンドまで大工さんカンナで削って剥がして、下地もきれいにしてから、改めてフローリング施工を行いました。

割り付けも大工さんと改めて打合せして進めました。

やっぱり剥がしたフローリングと違って綺麗です。良かったなとホッといたしました。

これで、お客様にも安心してお渡しできます。

カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

無垢フローリングの注意

今日は、午前中にプランご相談のお客様来社打合せ。こちら、お土地を探しているところなのですが、事前にこういう外壁やデザインが出来るだろうかというご相談でした。

ご夫婦ともに、こうしたいというイメージをしっかり持っていらっしゃる方ですので、こちらも方向性がはっきりしていて助かります。

早く土地が決まって、一歩踏み出したいですね。

 

さて、午後から現場へ行きましたら、届いた無垢フローリングを張り始めておりました。

ところが、ちょっとイメージが違うなと思い、他の梱包を全部開けてみたところ、こちらは注文した際に見ていたサンプルどおりでした。

探ってみると、どうも段ボールの梱包の仕方から違っていました。型番は同じなのに。なので、おそらくロット違いでしょうか。作っている時期とか材料が違う可能性が高いです。

全体に白っぽい。しかも目立つ赤太も混じっています。選んだサンプルとはまるで違う感じがしました。

それ以外の、梱包から出した材料です。明らかに黄色っぽいですし、赤太もありませんでした。これならサンプルどおりです。

メーカーに直接話して、検品させて、3ケース新たに送ってもらうことになりました。

張ってしまったものを剥がすのは大変なのだけれど、このまま張り続けたら、途中から色違いの床になってしまいます。即、張替えを決断いたしました。

無垢のものを扱う場合、やはりこういうことが起こってしまいがちですから、検品が大事でしたね。午後まで大工さんの施工を待たせるべきだったと反省しております。

家造りは一生ものなので、妥協せずに進めてまいります。

カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

プロフィール

image
株式会社ライフ・コア デザインオフィス
〒918-8201
福井県福井市南四ツ居町1-121
TEL. 0776-54-5152

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

年別アーカイブ

検索