見えない工夫

福井 デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、細かい見積作業と発注作業。施工図の作成と、外構リフォームの現場打合せと現場確認をしてきました。

荒木新保の現場では、正面ファサードの一部に、屋根に張る段葺きをアクセントに使用しています。

こういう下見板風な板金で折った外壁は、ゆがみが見えやすいのですが、板の厚みを増しまして、板金屋さんも丁寧に張ってくれているので、ゆがみが見えないですね。

壁の取り合いも、切りっぱなしではなく、水返しになるように折ってくれています。

こちら、上の列の水が垂れてきても、必ず下の板の水返しで受けられるように工夫しています。

こちらは、スターターと言って、板の張り始めに仕込んでおくものの切れ端です。

これを打って最初の板を引っ掛けないと、一番下の板はフラフラしてしまいますので取り付けるものですが、加工が素晴らしくて写真に撮っておきました。

まっすぐな板状のものだったりすると、一番下だけ仕上がりの板の角度が違ってしまうのです。

見えないところで、お客様も気が付かない所なので、私が褒めてあげたいと思っています。

全体を統括してまとめる

福井 高性能住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前中に打合せ事項のまとめと現場確認。午後はお客様来社打合せでした。

コーディネーターさんにも来てもらって、コーディネートを含めた建築的な納まりや決め事を中心に打合せをしました。

色もデザインも、納まりからすべて関連性をもった部分に影響していきますので、全体を統括して考えられないといけません。

ひとつのまとまった作品を作り上げるのも大変ですね。

 

年間施工件数が、何十棟と建てている会社は、どんな仕事の仕方をしているのでしょうね。おそらくいろんな事を省かないと出来ないと思うのです。

どんなに忙しくて、効率が悪くても、納得のいく作品を完成させるためには、労力を惜しまないのが、当社の特徴ですし、どこにも真似のできないスタイルだと思っています。

希望を叶える作業

福井 工務店 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、1日事務所で打合せ事項の確認と準備設計。その他発注作業でした。

ニッチデザイン

荒木新保の現場のお客様打合せが明日に控えていて、あれこれ懸案事項や打合せ事項をまとめるのと、内部造作の意匠デザインを考えていました。

多数のデザインを考えますが、お施主様の希望に合うかどうかが重要なので、一度に決まるとも考えていません。

イメージを絞り込んでく作業が大事ですし、コーディネート的にもまとまっていくことが大事です。

こういう地道な作業を行っていくところが、なかなか他社ではやらないだろうと思うこだわりですね。

自分としては、出来るだけ今までやったいないデザインに挑戦してみたいと思うところで、同じようなデザインを選ばれたとしても、さらに工夫を凝らしてブラッシュアップして仕上げたいと思います。

ウェスタンレッドシダー天井

福井 高気密高断熱 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前中はお客様宅訪問、換気システムメンテナンス。午後は、お客様宅訪問、ガレージの雨どいのつまり解消作業。その後、現場確認と打合せ。戻って設計作業でした。

メンテナンスもいろいろ廻り切れていないくらい多いのですが、1月にまた順に廻らせていただきたいと思います。

正月休みの方は、明日28日から1月の5日までいただいて、6日から始めたいと思っています。

ただ、私だけあれこれ残務があるので、休みの間も仕事をしようと思っております。

 

さて、今日の完成写真です。

吹抜 ウェスタンレッドシダー天井

吹き抜けの夜の写真になります。夜もきれいですね。

天井面のウェスタンレッドシダーにはダウンライトなどの照明を付けていません。

黒のシーリングファンがアクセントになっています。

やはり、この家の見せ場として、このウェスタンレッドシダーの天井は大きかったですね。

張る範囲も、ちょうど良かったです。あんまり板だらけでもうっとうしくなるものです。

木をいっぱい使った家や建物もありますが、ちょっと圧迫感を感じたりします。ちょっと強すぎるんですね。

適度に目が休まる空間がいいと考えています。

黒の照明器具

福井 高性能住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前中にリフォーム現場の雪かきと荒木新保の現場清掃。午後は、リフォーム現場の鍵の交換と内部だけお引き渡し。

リフォームの現場は、東京から今日引っ越してくるという期限があって、外壁の塗替えなど残ってしまったのですが、内部はなんとかできるところまで完了させました。

壁紙など綺麗になって、とても喜んでいただき良かったです。

さて、今日の完成写真です。

キッチンから見た、夜の写真です。

多少陰影もあって、照明の感じもカッコよくなったと思います。

照明器具の色も、白が似合う場合もありますが、今回の建物は黒で正解でしたね。

吹き抜けのペンダント照明

福井 工務店 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、経理の仕事と施工図の作成。午後からリフォーム現場で作業と荒木新保現場で現場指示。その他事務作業でした。

 

さて、今日の完成写真です。

夜のLDK

今日も夜のLDKの写真です。

ダイニングテーブルが、吹き抜けにまでかかってくる場合、照明をどう処理するか考える必要があります。

スポットライトにすれば問題はないのですが。

ダイニング照明

こちらのお宅では、ペンダントにしたいというご要望があったので、スチールで持ち出しのアームを作ることにしました。

これもどういうサイズにするか十分検討が必要です。

キッチンの位置とサイズ。ダイニングテーブルのサイズと、すべて決まってから作らせていただきました。

やはりダイニングのペンダントは中央に来ないと気持ち悪いですからね。

ぶら下がっている照明器具は、傘の部分に埃が溜まるから嫌いという方もいらっしゃいますが、やはりペンダントで光の位置を落として、テーブルの上をしっかり照らしてあげることで、食べ物の見え方が全然違ってきます。

光をモノにしっかり当ててあげることが大事ですね。

照明計画のポイント

福井 注文住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、朝一に現場廻り確認。15時に中間検査立会い。その他、施工図と事務作業でした。

 

さて、今日から夜の完成写真を載せていきたいと思います。

夜のLDK

夜のLDKです。

吹き抜けのあるお宅での照明計画は、基本ブラケット照明にて行っていますが、こちらはライティングレールにスポットライトを配して行っています。

スポットライトであれば、必要なところに光を当ててあげることが出来ますし、上に向けたり壁に当てたりして、間接照明的に用いることが出来ます。

ライティングレールを用いれば、スポットの配置も変えられるし、数を増やすことも可能です。

写真のように、ひとつはシーリングファンに向けておりますが、天井のウェスタンレッドシダーも映えるライティングができます。

 

一般的な照明に、天井のシーリングライトがありますが、上から全般照明となって明るいはずなんですが、なんとなく暗く感じるものです。

なぜなら、天井面を照らさないから、暗い天井部分を見た時に暗く感じるんですね。

しかも部屋の真ん中だけ照らすので、周囲の壁も暗く当たります。

たとえ部分的であっても、人が視線で見るところを照らしてあげると、人は明るく感じられるものなんです。

この写真の渡り廊下になる天井ですが、通常だとダウンライトを付けたくなるものです。

でも、その下に照らす必要のあるものはありません。

全部を明るくする必要は無いんですね。

廊下に照明がないおかげで、階段下のブラケットや、洗面コーナーの光が効果的に活きてきます。全部をまんべんなく明るくするのではなく、メリハリを付けることが大事です。

そこが、照明計画の大きなポイントになると思います。

ウォークインクローゼット/配管の仕込み

福井 FPの家 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、喉が痛くて早めに直そうとお休みをいただきました。念のため病院で抗原検査をしてもらって陰性でしたので良かったです。

風邪をひくのも、気がかりな工事の目途が立ってきて、ちょっと気が抜けたせいかなと思います。年末まであと少しなので、溜まっている仕事も進めないといけませんし気を引き締めたいと思います。

 

さて、今日の完成写真です。

ウォークインクローゼット

こちらは、ウォークインクローゼットです。壁紙の色が素敵に仕上がりました。

奥のドアが、寝室につながります。

もうひとつドアがありますが、こちらは2階ホールから直接出入りすることもできます。

よく見ていただくと分かりますが、右奥の方床に配管を留めたキャップが見えます。こちら、将来2階トイレを設置することが出来るように、配管をしてあります。

必要な時になったら、壁で仕切って便器を設置すればいいようにしました。

なので、ドアも最初から表示錠付きにしてあります。

こういうトイレの将来リフォームの仕込みは初めてのケースですが、間取り的にもうまく配置出来て良かったです。

窓を開けると窓

福井 高性能住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前中にエアコン交換リフォーム工事のお宅現場指示2件と荒木新保現場で大工さん打合せ。午後は、お客様来社コーディネート打合せ。その後またリフォームの現場確認廻りでした。

さて、今日の完成写真です。

吹抜 ウェスタンレッドシダー天井

こちら、吹き抜けが一番きれいに見えるカットですね。

この写真が撮れるのは、こちらから。

子供部屋 小窓

子供部屋に設置した小窓ですね。

元々、東正面にある吹き抜け窓がまっすぐに見通せるといいなと思い、お施主様にご相談して、工事中に設計変更して付けさせていただいた窓です。

子供部屋 小窓

子供部屋にこんな感じで付いています。

窓を開けると、また窓があるというイメージですね。

こんな遊び心があると、家も楽しくなると思います。

スチール階段のコストダウン

福井 工務店 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前中は見積作業。午後は、リフォーム現場で荷受けと雑作業。その他現場確認でした。

さて、今日の写真です。

スチール階段

こちら、スチール階段ですが、コストを抑えた造りになっています。

普通だと、スチールの親板が両側に付いて踏み板を受ける形になるのですが、こちらは壁側の親板を省いております。

その分、大工さんが親板に合わせて、壁に穴を開けて、板を差し込んで壁の中で補強する工事を行っています。大工さんにしたらすごい手間なんだけれども、一切文句を言わずにやってくれるのが当社の大工さんの良いところです。

こちら大工さんの手間だけでなく、クロス屋さんも、1段1段切り抜かないといけませんので大変です。こちらも文句ひとつ言わずに、やってくれる職人さんなので、ありがたいと思っています。

それと、廻り階段の付く柱も、通常ならスチールで作るのですが、こちらは木の柱で作っております。色はスチールと同色で塗って、目立たなくしていますね。

なんでも価格高騰している世の中なので、設計も出来るだけお金のかからないように工夫してご提案させていただいております。

いろいろ設計変更しても、施工図を書いても、設計料は据え置きと言いますか、元々いただいておりませんので、ご心配なく。

プロフィール

image
株式会社ライフ・コア デザインオフィス
〒918-8201
福井県福井市南四ツ居町1-121
TEL. 0776-54-5152

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

年別アーカイブ

検索