段取りをつけて

今日は、エアコンのメンテナンスのお客様宅2件訪問と、雑工事で1件お客様宅訪問。その他バルコニー工事現場確認と、二の宮の現場で大工さん打合せ。その他は設計作業と見積作業でした。

昨日のうちにバルコニー笠木の施工完了の画像があがってきて、昨晩からの雨の前に間に合った様子です。こちらの現場もあと少し補修工事が残っています。

リフォーム工事が、やっと少しづつ終わってきているのですが、でもまだ今月もあれこれ残っています。時に、気持ちもいっぱいいっぱいになる時もありますね。設計していると忘れられるのですが・・・。

ある人には、断る勇気も必要だと言われるのですが、断ったらお客様が困ることになるのが目に見えてますから、なかなか断れないですよね。

換気のメンテナンスも待ってもらっているお客様もいるので、うまく段取りを付けないといけませんが、こちらも順番にやらせていただく予定です。

どんな仕事も、段取りを付ければ、順番に終わっていくものです。焦らずに辛抱強く進めていきたいと思います。

2019年10月04日(金) 18:31 | カテゴリー: メンテナンス, リフォーム, 日記, 自身のこと | コメントをどうぞ

現場打合せと段取り

今日は、午前中に施工図の作成と発注作業。午後は、地盤改良の打合せと土留め擁壁進捗確認。その後、現場で板金屋さん、鉄工所さん、大工さんと打合せ。その後、施工図の作成でした。

西側の擁壁の施工状況です。北側も、今日でほぼ積み上がりそうです。天端仕上げモルタルは、一度に連続して行う模様です。

地盤改良は、こちらの現場は表層改良となりましたので、改良で増えた残土を、地盤改良屋さんに、擁壁の隙間に入れてもらうように、打ち合わせをしました。

ただ、設計GLの高さ関係から、あまり土が残らない模様で、急遽、基礎屋さんに土をもらう段取りを行いました。

地盤改良を行ったあとでは、重機で土が入れにくくなる場所なものですから。

現場は状況によって、常に即決の判断・決断が必要になりますね。

基準は、次の工事を進めやすくすることですが、すべての心配りが、結果として良い工事になり、お客様に良い建物を提供できるようにとの想いです。

2019年10月03日(木) 18:07 | カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

各現場確認

今日は、朝一に天窓交換のお宅のクロス工事現場指示。その後バルコニー改修のお宅の現場確認。その後、擁壁工事の打合せ。その後は施工図と発注作業と打合せでした。

バルコニー修繕の現場は、FRP防水と、コーキング工事が終わりました。

今度は、天端から折り返して幕板まで防水を回して、コーキングで押さえています。これにアルミ笠木を載せますが、笠木が無くても雨漏りしないようにしてもらいました。

丸岡の現場のコンクリートブロック擁壁の現場打合せをしてきました。

150㎜厚のブロックで、控えも3.2mピッチで入れてもらいます。

横に入る鉄筋も2段分入れてもらうので、頑丈になります。

監視カメラの映像ですが、西側がほぼ終わりました。

明日も、雨が降らないでくれるといいのですが。

2019年10月02日(水) 18:28 | カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

天窓交換工事

今日は、朝から天窓の交換工事のお客様宅へ、工事立会いと作業。

その後10時から、お客様と現場打合せ。終わってすぐにまた天窓交換工事の現場へ防水作業に行きました。

以前から、天窓のメーカーにも見てもらって、対処してもらっていたのですが、大雨の時にまた雨が落ちるようになって、メーカーも製品のせいではないと対応しなくなったので、思い切って交換することに決断しました。

上のほうから屋根材を外し始めましたが、雨漏りは上のほうから伝ったものではありませんでした。

ジャンプ台も、こう見ると大丈夫そうです。

どうも、ジャンプ台の側面から水が侵入していたみたいです。

ただ、ジャンプ台の下にも防水ルーフィングが通して入ってはおります。

今は、ほぼ使っておりませんが、段葺きという段のついた折り方の葺き方のため、水返しが2重になっている部分に、かえって水が抜けずに溜まる部分が出来ていて、それが横に走って入ったと考えられます。

ただジャンプ台のきわも、コーキングで水返しをしてあったのですが、それでも不十分だったのかもしれません。

問題のあった部分のルーフィングをめくると防水層の下に水が回っていたのが分かりました。

この後、天窓を外して、傷んだボードを新しいものに交換してから、新しい天窓を納めました。

今回使用したルーフィングは、接着面が全面ブチルテープになって、密着するものです。これは、同じ天窓メーカーも推奨する商品なので、今後使えるなと思いました。

赤いのは、ガルバリウム鋼板の水返しです。マニュアルには、ここまでないですが、板金屋さんも、同じ納まりでは納得できないというところでしょう。

室内側も、大工さんにきれいに納めてもらって、明日にクロス張替え工事を行えば完成です。

大変な工事でしたが、水を食い止めることの、さらに勉強になりました。

お客様には、お手間とご心配をおかけしましたが、工事させていただいてよかったと思います。

2019年10月01日(火) 18:38 | カテゴリー: メンテナンス, リフォーム, 日記 | コメントをどうぞ

監視カメラ移設

今日は、バルコニー防水工事が入るため、朝一に屋根養生外し。その後、監視カメラの移設。午後に現場で電気屋さん打合せのほかは、設計作業と発注作業でした。

丸岡の現場が、今週から動き出すので、現場管理のためカメラを移設しました。

二の宮の現場は、大工さんがほぼ常駐してわかるのですが、離れた現場の、特に基礎工事の段階は、いちいち見に行かなくても管理できるようにしたいですね。

2019年09月30日(月) 18:35 | カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

すぐに対処する

今日は、設計作業を行いましたが、経理の仕事もあって、なかなかこれが面倒くさいところです。

当社が、9/30決算になっておりまして、今回は増税と重なりました。

ちょうど切れはいいようなのですが、そんなきっぱりと工事がわかれるものでもなく。進捗に合わせて、振り分けないといけませんね。

早く済ませて、設計の仕事に没頭できる時間を作りたいと思います。まずは、考える時間が欲しいというところです。

 

時間が足りないと、いつも思うところですが、昨日なんかは、夕方から3時間くらいかけて書いていたCADが、急に固まってしまって、それまでの入力が消えてしまってがっくり。

でも、考えていても仕方ないので、すぐにまた最初から書き直し。今やっていた作業なので、覚えているうちにまた夜には書き直しました。

失敗したときは、すぐに対処して、すぐにとり戻すのが一番ですね。

そうすれば、次のステップに早く取り掛かれますからね。

2019年09月29日(日) 18:27 | カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

外回りの進捗

今日は、朝一に二の宮の現場へ、材料届けと大工さん、板金屋さん打合せ。

その他は、集中して設計作業でした。

二の宮の現場の裏側からの写真です。

植栽でわかりにくいですが、三角の袖壁も下地が出来ました。

正面側も、袖壁と2階の窓廻りの庇の下地が出来ました。

ちょっとしたことですが、工夫次第でデザインは良くなっていくものです。

 

今日は、雨の予報だったのが、結局ほぼ降らなかったですね。しかし天気を恨んでも仕方ない。

リフォームの防水工事も出来たかもしれないのですが、結果論で後ろ向きになるのは嫌いなので、ひたすら前を向いて進みます。

2019年09月28日(土) 18:16 | カテゴリー: 日記, 現場 | コメントをどうぞ

急遽、雨養生

今日は、朝一にリフォームお客様宅でクロス屋さんと打合せ。その後、二の宮の現場で、設備工事・電気工事打合せ。戻って、段取り作業。

午後は、鍵その他リフォームの店舗へ、高所作業。その後、バルコニー改修工事の現場へ、雨除けのための仮設屋根作業。その後、FPの家福井支部の打合せでした。

 

天気予報が、今朝になってから変わりまして、今夜から明日にかけて雨になる模様。

明日にFRP防水工事が控えていたのですが、やむなく急遽、仮設養生屋根を作ることにしました。

簡単ですが、受け材を掛けて、合板を載せてビス止め。

ブルーシートを掛けて、壁際はマスカーで、雨が侵入しないようにしました。

風で飛ばないように、紐で引っ張りつけています。

 

天気予報が変わらなければ、順調に進んで終わらせられたのですが…。なかなか楽には終わらせてもらえませんね。

でも、千葉県の方々を想うと、大したことではないですね。

2019年09月27日(金) 17:53 | カテゴリー: リフォーム, 日記, 現場 | コメントをどうぞ

防水下地工事

今日は、午前中から午後までmバルコニー防水リフォーム立会いと作業。その後、別のリフォーム段取りと発注作業。その後設計作業でした。

大工さんにお願いして、下地を交換し、ケイカル板12㎜で覆いました。

防水屋さんには、面木を打ったり、小口処理もしてもらって、FRP防水でしっかり覆ってもらいます。

こういうメンテナンス工事は、お天気も問題ですし、終わるまで安心できません。早く終わらせたいですね。

2019年09月26日(木) 18:47 | カテゴリー: メンテナンス, リフォーム, 日記 | コメントをどうぞ

手摺笠木の雨漏り

今日は、朝からリフォーム現場の解体作業。午後に、別のリフォームの業者さん立会い打合せ。解体現場に戻って作業。残りはリフォームの発注作業と事務作業でした。

外壁の汚れ落としを依頼された現場ですが、FRP防水の床面に問題が見つかって、改修をお勧めしたのですが、FRP防水めくりを行う中で、どうも笠木の下も怪しいということになりました。

めくってしまうと、天気が続かない日だったもので、改めて改修となって、今日になりました。

写真の様に、笠木はしっかりあるのですが、手摺の部分がすべてボルト貫通となる仕様です。

笠木をめくってみると、ちゃんとFRP防水も笠木天まで巻き込んであります。

しかし、ボルトの貫通している穴が錆びてますよね。ほぼここから雨が侵入していたと思われます。

ショッキングな写真ですよね。笠木を受けていた材料がもうボロボロです。

ちなみに築20年のお宅です。

1面は大丈夫だったのですが、残りを明日また間柱など解体しながら、新しい材料に交換して納めていきます。

 

メーカーの製品だから、信用していいかというと、疑問の残る結果となりました。

あくまで、防水層を突き破る仕様というのは、疑ってかかる必要がありますね。

そういう意味では、太陽光発電なんかも、屋根材を貫通してビスで止めたりするので、ほんとは屋根に載せたくない設備です。やるなら貫通しない方法で載せたいですね。

屋根も笠木も、防水のとても大事なところです。しっかりと現場管理して納めていかなくてはと再確認させていただきました。

2019年09月25日(水) 18:41 | カテゴリー: メンテナンス, リフォーム, 日記 | コメントをどうぞ

プロフィール

image
株式会社ライフ・コア デザインオフィス
〒918-8201
福井県福井市南四ツ居町1-121
TEL. 0776-54-5152

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

検索