構造強度が大切

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、お天気も良く、外も暖かくて、洗車や窓ふきなど行いました。

 

さて、昨日は福島で地震がありましたね。

東日本大震災の余震だというので驚きです。10年経っても、自然の営みからすると不思議ではないとか。

でも、大きな地震のようでした。改めて地震に強い家造りでなくてはと思うところです。

家はまず工法が大事ですが、実際に使う材料の種類やサイズ・金物の選定もありますし、構造的なバランスを各々の間取りづくりの設計時点で考えたものでなくてはいけませんね。

福井は雪が湿って重たく、それを加味した建物にしなくてはなりません。北海道とかの軽い雪とは違います。条件的には、とても厳しい地域ですね。

やはり地域性も加味した設計ができるところに建ててもらうことが安心だと思います。

FPの家は、全国で販売されていますが、FPパネルは、筋交いの入っているパネルを使うのですが、筋交いの入っていないパネルでも耐震性能にプラスになる工法です。

設計で1.5倍の筋交いパネルを入れたとして、さらにその他のパネル分の強度がプラスあるということです。

それにはやはり、構造の強度も大事になってきますので、当社では集成材と金物工法を標準仕様で採用しております。

金物が引き抜けたり、仕口で折れてしまっては、せっかくのパネル強度の意味がありませんからね。

断熱性能だけでなく、構造強度にも、しっかりお金のかかっている家づくりが、後の安心につながると思います。

現場の除雪

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前中に次の現場の雪かき作業と現場確認。午後はZOOMで、建築物省エネ法の講習会2回目を聞かせていただきました。

国土交通省が公開している動画を見る時間もあったのですが、こんな機会でもなければ見てないかもしれません。

施工に関する部分は、FPの家を施工する限り、見なくても良かったかなという内容でしたが、施工的には断熱材の連続性と気密をとることが大事ということを言っていましたので、それは間違いないですね。

でも、外断熱工法の納まりを図で解説しているのを見ていたら、とてもこんなことするべきでないなと思うような納まりでした。

柔らかい断熱材を介して、外壁や屋根を張り付けていくことになるので、強度的にまず弱そうです。納まりだけ見ていると、屋根が飛んでいかないのかなと思ったりしました。

施工も相当大変そうです。そう思うと、FP工法は理にかなっているなと、改めて思ったところです。

こちらは、雪かきをしてきた大宮の現場です。

軽トラで2回、道路際のカチカチの雪を捨てに行って、敷地内の雪は柔らかかったので、地面の出ているところに振りまいてきました。

今日と明日の雨で溶けてくれればというところです。

水曜日にまた雪マークではありましたが、たぶん大丈夫だろうと思っております。

FPの家デザインアワード2021

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前中に現場廻り確認。その他は、設計作業と見積作業でした。

現場も、雪もだいぶ解けて、土も見え始めましたが、明日また降雪がある様子で心配なところです。

 

さて、本日はFPの家から案内があり、「FPの家デザインアワード2021」が今日から始まりまるとのことです。

今回は、最初から物件数を絞りますとのことでしたので、当社の建物も1件だけのエントリーとなりました。どの建物かは見ればすぐわかると思います。

本音を言うと、当社で建てた建物は、全部載せていただきたいくらいなのですが、残念ながら、数を絞らないと多すぎて見ずらいという指摘があったみたいで。

写真も、あれもこれも載せたかったのですが、10枚までということで…仕方ないですね。

また是非ご覧いただきまして、抽選で賞品も当たるのでお好みの物件に、ご応募いただければと思います。

上記の「」内の文字を押していただくか、FPの家のホームページからご覧ください。

サーキュレーターの続き

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、朝のうちに現場打ち合わせと指示。午後は、勝山のお客様宅へ雪害の現場確認。その後また現場確認。その他は設計作業と事務作業でした。

勝山の雪の具合は、今は落ち着いていますね。大雪の時は1.8mくらい屋根に雪が積もったそうです。今回の雪は、一度に多く降りすぎて大変でした。

開発の現場は、ユニットバスの施工が行われました。

打合せ指示の通り、金物もついております。

 

さて、昨日サーキュレーターの話をした続きです。

FPの家の場合、吹き抜けがあってシーリングファンを付けさせていただいたお宅では、エアコンをつける夏と冬に稼働していただくようにお願いしております。

冬の場合に、風を上向きにするか下向きにするかで、迷うところではあります。

温度測定をすると、やはり下向き運転にしたほうが、1階の温度を高くできるようなのですが、どうしても風を感じて不快になるケースもございます。

その場合は、上向きでもいいので、廻していただきたいと思います。

天井に上がった空気を壁沿いに落としてあげるイメージで、とにかくかき混ぜてあげることが大事かなと思います。これだと風はほとんど感じません。

 

我が家でも実験してみてわかるのですが、弱運転で回すよりも、やはり強運転のほうが効果が出ます。

ただ、強運転で回す感じが落ち着かない感じですので、弱で回しながら、サーキュレーターを足してあげるのが良いと気づきました。

こちらの方が、ムラなく空気を混ぜてくれるようです。

エアコンの電気代も抑えられる効果もあると聞きますので、ぜひお試しいただくとよろしいかと思います。

建築物省エネ法について

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は午後から、FPの家南関東さんの主催でZOOMで行われた「建築物省エネ法改正」に関する講習を受けました。講師は匠法律事務所代表の秋野卓生氏で、とても分かりやすいお話しでした。今年4月から施工させる法律です。

要は、建築主に省エネ住宅をすすめる説明義務が課せられたものです。

国土交通省が出している書類の表裏の画像です。チラシって言わないのは、こちら裏面に建築主の署名欄がございまして、省エネ基準への適合性についての説明を受けるか否かのチェックがあり、これを建築士事務所としては15年間保存義務が課せられました。

この説明に関しても、建築士でないと説明できないようになっています。工務店の建築士以外の人が説明してもダメなんですね。

(国土交通省は、どこまでも建築士に責任を負わせたい模様です…)

内容を説明すると、省エネ住宅以外に選択肢はないでしょっていう感じになります。

建築主が省エネ住宅を造るのは、「努力義務」という言葉で法律に載ることになりました。

省エネ住宅でなくて説明も要らないという場合の署名の仕方がえげつない感じです。

 

とはいえ、省エネ住宅が進められることは大歓迎ですし、そうあるべきだと思います。

当社の場合、新築住宅でオールFPの家ですから、性能も何も当然というところですし、全員建築士なので、だれが説明してもOKなのですが、営業マンが動いているハウスメーカーや工務店は大変そうです。いちいち建築士に説明させなくてはいけませんから。

国土交通省も、いっそ省エネ住宅でないと建ててはダメって言いたかったのでしょうけれど、ついてこれない会社がいたりして。

こういう法律ができるたびに、業務が増えて、その割に成果がいまいちで。

正しい、省エネ住宅を造るのなら、気密測定を法律化するとか、もっと実際に住む人の為を想うことをやってほしいと思うものです。

中間気密測定C値0.06

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、開発の現場の中間気密測定を行いました。うっかり機械を設置した全体写真を撮り忘れてしまいましたが…。

自動運転で測定を始めると、風切り音が静かで、これは良い数値が望めると思いました。

ところが確定時にエラーが連発します。こういう時は、気密が良すぎて測れないんです。

仕方が無いので、わざと穴を開けて測ります。

最初は、1㎝×10㎝で10㎝2開けて測りましたが、それでもエラーが出まして、2㎝×10㎝の20㎝2開けて測定したのが、写真の結果です。

総相当隙間面積が27㎝2とありますが、これから20㎝2引くと7㎝2となります。

7㎝2割る、相当延べ床面積の113.93㎡で割ると、C値は0.06㎝2/㎡となりました。

0.1を切りましたね。凄いです。

あくまで任意に行っている中間の気密測定ですので、正しくは、完成後に行う完成気密測定が、FPの家での提出義務となっています。

でも、ここまででこの値が出れば、安心して工事が進められますね。完成までには、エアコンがとりついたりもしますので、多少数値は落ちますから。

気密の善し悪しが、家の性能に大きく貢献しますので、大切な中間検査だと考えています。

スモールエクセレント工務店を目指して

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前中は事務所・自宅廻りの除雪作業。午後は、FPの家北信越のセミナーがZOOMで開催されたので参加。

その後は歯医者の予約があったのですが、電話をしてみると、駐車場は空けたのですが、前面道路が除雪してなくて、スタックしている車が多いとのことで延期しました。

けっこう利用される道路かと思うところでも、まだ除雪されていないところがあるようです。

明日も、お客様来場の予定がございましたが、ご相談して延期させていただきました。

午前中は、やっと車を脱出させて、駐車場の除雪をしました。でも、建物側は脇にある水路の除雪の高さまでで止めました。

事務所のデッキの上は、まだ当分このままかな。

 

午後のセミナーは、新建ハウジング社の三浦社長の講話で、さすが住宅業界全体の事を知られていて、感心して聞かせていただきました。

改善していこうという事柄もありつつ、自社の方針が間違っていないなと自信を持たせていただいた部分もございました。

「スモールエクセレント工務店=小さいからこそ良い家をつくれる創造的ものづくり工務店」

そんな言葉で、自分が描いている工務店を推奨してくださったので、これはもっと頑張らないといけないなと思いました。

 

午後は、そんなわけで、雪かきからも解放されたので、ちょっと体も休められたかなと思います。

連日の作業で、腕もパンパンになってきていますが、でもまだまだ大丈夫です。

今できることを、熟慮して進めていきたいと思います。

暮れの換気システムメンテナンス

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前・午後と越前市武生の方で2件、お客様宅訪問、FPの家の換気システムのメンテナンスに行ってきました。

1件は築19年になるお宅なのですが、暖かいし中はとても綺麗にされていて、まるで古さを感じさせなかったです。

海外に転勤されて、3年ほど家を空けられたことがあるお宅なのですが、それでも家が傷まないのは、換気システムがきちんと稼働し続けていたからだと、お客様もおっしゃっておられました。

家の空気環境は、人にとってももちろん、家自体にとっても大事な要素ですから、断熱・気密と合わせて、換気システムはちても重要なものです。

 

もう1件、お昼過ぎにお伺いしましたお宅は、換気システムのお掃除を始められており、あと少しレクチャーしてフィルターをお届けすること。

それと、お風呂やトイレの部品の不具合をお聞きしましたので、メーカーサービス依頼をさせていただきます。こういった御用聞きも大事なので、ご訪問は大切ですね。

こちらのお客様も、素敵なお宅に住んでいらっしゃいまして、家も暖かいものですから、ご主人はTシャツ短パンで作業していらっしゃいました。

皆さん、大切に綺麗に住んでいただき、嬉しい限りです。メンテナンスに伺うのも、楽しくお伺いできます。

 

開発の現場へ、大工さんに納まりの打合せで行ってきました。

雨が降っても、大工さん合羽を着ながら、胴縁の取付作業を行ってくれていました。

大工さんは28日まで行うとのことでした。

クリスマスに思うこと

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前中にお客様宅訪問、換気メンテナンス。午後は開発の現場の中間検査立会い。その他は施工図の作成でした。

クリスマスということで、ちょっとだけ雰囲気で飾ってみました。

クリスマスも、子供が家にいないと普通に過ごしてしまうので、ちょっと寂しいですね。

 

今日は、降ったりやんだりの天気でしたが、大工さんは合羽を着て、軒天の下地と外回りの胴縁取付作業でした。

 

今日は、換気のメンテナンスに伺ったお客様と懐かしくお話ししながら作業していました。

17年前のお宅なのですが、やっぱりFPの家にしてよかったとおっしゃっていました。

家を建てる前は、家じゅう暖かい家なんてあるものかと思ってらしたそうですが、ほんとに今でも、いい家にめぐり合えたと思ってくださっているようです。

これだから、FPの家以外は建てられないですね。いつまでもお客様と良い関係が続けられる家だと思います。

お客様から喜ばれることが、何よりのプレゼントをいただいた思いですね。

換気メンテナンスも継続して

福井デザイン住宅 ライフ・コアデザインオフィスの本日のブログです。

今日は、午前・午後と2件、お客様宅換気システムメンテナンス訪問。その他は現場確認と、設計作業などでした。

こちらは、旧型のエクソネット換気システムの、シロッコファンを外した状態です。

築13年ですが、毎年お掃除をしているとこんなにきれいです。長持ちもすると思います。

汚れ方は、お宅によってまちまちですが、こちらのお宅は、交通量の多い道路に近いのですが、汚れがひどくないほうですね。

フィルターはもちろん汚れているので、ここで食い止めてるのもあります。

いつも綺麗にしてらっしゃるお宅なので、掃除も行き届いていて浮遊する埃が少ないのかもと思ったりしますね。

 

今日、伺った2件とも、家じゅう暖かくて安心して帰ってきました。結露もないですしね。

午前中伺ったお客様宅は、1階のエアコンで、2階が暑すぎるくらい暖まるとのこと。サーキュレーターを使用されることをお勧めしてきました。上下の温度差をかき混ぜて調整してもらおうと思います。

なかなか贅沢なお悩みでした。

プロフィール

image
株式会社ライフ・コア デザインオフィス
〒918-8201
福井県福井市南四ツ居町1-121
TEL. 0776-54-5152

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

年別アーカイブ

検索