今日は建て方

今日は、丸岡羽崎の現場の建て方を行いました。

朝は6時から、息子と一緒にブルーシートめくりから始めます。

床を覆ったブルーシートには、霜が降りていましたね。

朝から材料を仕分けしながら、柱から建てていきます。

壁パネルを納めながら構造を組み立てていくので、どんどん出来上がっていく感じになります。

2階床の構造も、井桁に細かく組んで、床合板で剛性を強めます。

床の無いところは、吹き抜けになっていて、このお宅はここの空間が大きいです。

2階に材料をあげながら、組み立てていっております。

だんだん建物の外郭がわかるようになってきました。

ここで、お昼の時間となりました。いつもとはちょっと遅れておりますが、大きいからしょうがないところです。

午後は、ロフト階の床から作り始めました。

ロフトからの見下ろしです。

これから、屋根パネルを載せていくあたりですね。

大屋根で、屋根パネルも2段と3段継でしたので、なかなかのボリュームの作業でした。

17時を回って、今日はここまでとなりました。明日は大工さん4人で屋根の始末となります。

息子と残って、開口部にブルーシートをかけておきました。明日の晩は雨になる予報なので、明日は全面ブルーシート張りになります。

本日は、建て方日をずらしての工事となりましたが、お施主様には朝からお世話をいただきまして、本当に感謝いたします。

当社で建てて良かったと思っていただけるよう、これからも精いっぱい頑張りたいと思います。

窓の高さ

今日はオフをいただき、家族とゆったりと過ごさせていただきました。

休みもちゃんととって、仕事も集中して行うように、働き方改革もしてかないとと思っているところです。

さて、今日の写真です。

二の宮のお宅の、北西から撮った写真です。

お隣が駐車場で、車があってなかなか撮りにくいのですが、ちょうど手前に車が止まっていない時に、このくらいのアングルがいいかなという感じで撮りました。

やはり、2階の出窓風の窓のアクセントが効いてますね。

室内からは、天井いっぱいの高さにある窓なんですが、外観上の位置的バランスと、うまく調和したなと思います。

矩計図と立面図と、いろいろ図面上で描いて見ながら決定します。

FPパネルを発注する前に、サイズを決定したらもう変えられませんから、こういう窓の位置は、いつもギリギリまで考えに考えて決定します。

でも、考えただけいつもうまく納まっているので、自分でもホッとしております。

C値=0.144

今日は、午前中敷地測量と地縄張り作業。途中丸岡の現場の荷受け作業とゴミの搬出。

二の宮の現場は、朝から駐車場の土間コンクリート打設。ほんとにタイミングよく晴れの日となりました。コンクリートは早強を使用しましたが、左官屋さんは夜までかかりそうです。

午後は二の宮の現場で、完成気密測定を行いました。

キッチン横の引違サッシをプラダンで目張りして行いました。

結果はこの通り。

総相当隙間面積が26㎝2ですので、家じゅうの隙間を寄せ集めても5㎝角というところです。普通の家では考えられない数値です。

相当延べ床面積が180.37㎡で、相当隙間面積のC値は、0.144㎝2/㎡と超高気密ですね。

これなら、隙間風による熱損失も無く、24時間換気の効果も安定して得られます。

いくら断熱材が入っていますと言っても、隙間があったら台無しですからね。

これで、ようやく安心してお引き渡しが出来ます。

FPの家デザインアワード2020

今日は、丸岡の現場確認打合せと、二の宮の現場の駐車場土間コンクリートの目地切りの打合せ。その他、日中の撮影など行いました。

写真も気になるアングルを撮りまくって何百枚と…。その中から選びますので、なかなか骨の折れる作業です。

でも、建築事例に掲載させてもらったり、デザインアワードに応募したりするにも、良い写真を残したいですからね。頑張って撮っておかないとと思います。

 

さて、その「FPの家デザインアワード2020」が、1/30から始まっております。

見学会と重なって、ご案内が遅れましたが、ぜひ皆さんもご覧いただけたらと思います。

今回も、当社の物件が2件エントリーされました。

私ども関係者は応募できませんが、皆様ぜひご投票いただきまして、盛り上げていただけると幸いです。ついでに景品ももらえるといいですね。

FPの家のホームページからでも、上記のデザインアワードの文字をクリックしていただいても構いません。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

見学会終了

今日は、見学会2日目で、無事終了いたしました。

初めて当社の見学会をご覧いただく方も多くて、皆様から感嘆のお言葉をいただきました。良い見学会でした。

優れたFPの家の性能に、デザインも間取りも、さらにお庭の効果もあって、本当にすばらしい家が出来ました。

根気よく、お打合せを重ねていただきました、お施主様のおかげですね。

本当にありがとうございました。

 

今日は、お天気も良く、お昼の空いた時間に、外の撮影を行いました。

北側の正面外観です。シンプルな外観に、ちょこっと出窓風なアクセントを加えながら、キリッとした印象に仕上げています。

裏通りから見ると、また印象の違う外観です。白っぽいコンクリート柄のサイディングとブラックのガルバで、こちらも引き締まった印象の外観です。

東、西、北の窓を最小限にし、南側に集中して大きな窓を設けました。まさに庭に面して、開放したプランです。

家づくりは、敷地の環境・特性をしっかり生かしたプランを作ることで、すべてが活きてくることがわかりますね。

最初に、しっかりとしたゾーニングを行うことが大事だなと、改めて思います。

本当に良い家が出来て、私も大満足です。

見学会1日目終了

今日は、二の宮の現場の完成見学会1日目でした。

ご予約は、午前中2件だったので、午後から家族も見たいということで見てもらって、

その他に、お客様のご友人ご家族様と、明日の予定を振り替えて本日見学いただいた方などで、夕方まで1日ご案内という形になりました。

皆様には、まるでモデルハウスみたいと言われるくらい良くできた家で、間取りもデザインも感心してみていただきました。

もちろんFPの家ですので、暖かさもバッチリで、優れた性能もご体感できたことと思います。

明日も、ご案内が楽しみですね。お待ちしております。

午後から晴れてきて、月が出てきたので、建物と一緒に撮影してみました。

吹き抜け・小屋裏施工事例集

今日は、午前中に鉄工所、大工さん、基礎屋さんと現場で打ち合わせ。午後一から、現場でお客様と、最後のコーディネート打合せ。その他、解体前のお宅の現場確認や敷地確認。その他、急ぎの発注作業でした。

毎週のように行ってきた、お客様とコーディネート打合せも、今日で確定したら、ちょっと寂しさも覚える感じで…。後はスケジュールに間に合うよう頑張って仕上げていきます。

 

さて話は変わりますが、FPコーポレーションさんから、新しいカタログが出来たとサンプルが届きました。

FPの家の「吹き抜け・小屋裏 施工実例集」というもので、当社の市村の家が表紙を飾っております。嬉しいですね!

中身も見てみると、表紙以外に5件の実例を載せていただいております。

FPの家ならではの、ダイナミックな空間づくりが見て取れます。

普通の家でこれを造ると、冬に寒くて困るだろうなと思いますが、FPの家なら大丈夫です。

せっかくなので、お配りできるように注文しようかなと思いますので、またご希望くださいね。

中間気密測定C値0.18

今日は、朝一に丸岡の現場の中間気密測定。その後、二の宮の現場確認打合せ。その後は、見積作業と設計作業でした。

今日は、お客様も立会いのもとで、工事中間の気密測定が行えました。

1回目の測定で、配管の塞ぎ忘れ部分と工事用玄関ドアの隙間を確認処理してから、こちら2回目の測定結果です。

総相当隙間面積が26㎝2ですから、隙間を全部寄せ集めても約5㎝角の隙間ということです。

これに建物外皮の実質延べ床面積141.68㎡を割ることによって、相当隙間面積のC値が得られます。

今回は、0.183㎝2/㎡という充分な結果ですね。

これで、安心して工事が進められます。

もちろん、完成時にも測定をして、お引き渡しするのが「FPの家」の原則です。

中間気密だけ測って終わりのハウスメーカーもありますからね。

完成までには、エアコンの工事などで若干気密が落ちる場合があるので、やはり完成時の測定をすることが大事なんです。

エアコン暖房/小屋裏収納

今日は、朝のうちに現場廻り確認打合せと敷地の環境確認。その他は、こまぎれ仕事あれこれと、発注作業・見積作業でした。

細かい頼まれ仕事と、大きい見積依頼が2件あって、なかなか本業の住宅建築に集中できないのですが、今日から仕事も夜を早く切り上げて、朝方に変えていこうと思っています。

朝の出かける前の2時間に集中したほうが健康的かなと思いまして。

朝も、今の季節真っ暗なのですが、FPの家は家中が暖かいので、その点起きるのが辛くありませんね。

今年は蓄暖を入れずに、夏から導入した三菱のAI付きズバ暖エアコンが、1台で上手に暖めてくれております。

今まで蓄暖だけだと、夜の蓄熱中は、やはり温度が下がりましたからね。

蓄暖とエアコンの併用がベストでしょうけれど、今は電気代の関係で、蓄暖を装備しない家づくりをしていますから、私も実際の経験をしないといけませんから、今年がエアコンオンリーでいこうと思います。

 

話は変わって、丸岡の現場のロフトの写真です。改めて見て、広いですね。

これでも、最長部の天井高1.4mになって、直下階の1/2の面積なので、小屋裏物置として延べ床面積には入りません。

大人は、ちょっとキツですが、子供は走り回れるなと思います。

収納としてしか使えないなんてもったいないですね。FPの家だから、冬でも暖かい空間になりますからね。

モデルハウス/第3種換気

今日は、午前中にお客様モデルハウスご案内をさせていただきました。

熱交換の第1種換気システムに比べて、第3種換気システムだと、給気口の冷気がひどいと教わったそうですが、FPの家の第3種換気システムの暖かさと、給気口から入るわずかな冷気にご安心いただけたようです。

 

第1種換気システムに当社がしない理由はたくさんあって、お客様にも、しっかりご説明できるのですが、あまり伝えていなかったことがございます。

 

その一つが、第1種換気システムでは、浴室とトイレは、個別換気になっていることです。

個別の換気ということは、使用していない時は、換気していない空間が家の中に存在することになってしまいます。

それでは、全館24時間冷暖房と言っても、その空間は別となってしまうのではないでしょうか。

FPの家で採用している第3種換気システムの設計は、浴室もトイレも24時間排気を行っているので、室内空気もそちらへ流れて排出されます。

だから、そういうカビや結露が発生しやすいところも、常に空気が澱まずに動いている空間にできますし、冬でも暖かい空気がその浴室・トイレにも流れてくれるのです。

高気密をうたっているのであれば、換気計算で給気量と排気量のつじつまが合わなくてはいけません。家の中に個別の排気だけする場所が出来るのもおかしいですね。

 

換気は機械に頼らないといけない部分ではありますが、なるべくシンプルに、メンテナンスをすれば、永く使い続けられるシステムであることが重要なポイントですね。

プロフィール

image
株式会社ライフ・コア デザインオフィス
〒918-8201
福井県福井市南四ツ居町1-121
TEL. 0776-54-5152

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

年別アーカイブ

検索