家の持つ役割

今日は、午前中にお客様にモデルハウス見学と建築ご相談。その他は設計作業を行いました。

今日も、日差しが強く厳しい暑さでしたが、モデルハウスも快適で、事務所も快適で、夏のFPの家の体感も出来たことで良かったと思います。

高性能な住宅は、最初に性能にかけるイニシャルコストは上がりますが、ライフサイクルコストで見れば、間違いなくランニングコストで、普通の家よりお得になります。

それ以上に、全館快適な空間に、しかも24時間過ごせるわけですから、どんな家に住みたいかという以上に、どんな生活が過ごせるかも、重要なポイントですね。

真夏に外に仕事に出て、暑くて大変でも、家に帰れば大丈夫。

夜も、熱帯夜知らずの家でぐっすり寝られれば、過酷な夏も元気に過ごせます。

家族の健康を守るのも、家の大切な役割ですね。

2019年08月09日(金) 18:31 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

風洞としても使える吹き抜け

今日は、朝一にエアコン工事の立会い。10時から来客があり打合せ。その後、エアコン工事が2件続いたのですが、事前打ち合わせと電話打合せで作業指示。午後にお客様宅訪問、小工事。その他は経理の仕事などでした。

エアコン屋さんもかなり忙しい中、今日は3件の工事をお願いしましたが、それぞれにお盆前に処理出来て良かったです。

午後のお客様宅訪問は、タオル掛けを追加で付けたいということで、取り付けに伺ったのですが、初めての夏でエアコンの効き具合も確認してきました。

家に入って、すぐ涼しかったので、ホッと致しました。洗面所で作業で入らせていただきましたが、ここも涼やかです。

うまく、コントロールしていらっしゃるなと話をしていたら、ロフトのエアコンしか回してませんとのこと。びっくりしました。

お客様も、もう少し暑さがきつくなった頃に、リビングのエアコンも点けようかなと思うとおっしゃられます。

でも、今がピークくらい暑い時期ですよね。

こちらのお宅、ロフトエアコンが家の真ん中についていて、階段や吹き抜けからも冷気が落ちる設計にしています。

写真左手の下部に光って見えるのが、吹き抜けに面した開口です。ここから冷気が落ちてくれるんですね。

ついでに説明すると、パイプファンでここから冷気を取り込むため、2階の個室4部屋に向けて付いているのですが、こちらも充分機能しているとのことでした。

吹き抜けの見上げです。もともとは、リビングへの採光が目的でもありました。

ロフトのエアコンは2階全室用に考えて、リビングに付いているエアコンは、1階全般にと設計しましたが、ロフトエアコンが計算以上に働いてくれているようで、なんとも嬉しい限りです。

お客様も、この吹き抜けの下にサーキュレーター的に扇風機を置かれていて、空気を回されておりました。だから、家じゅうがきちんと空調されていたんですね。

お施主様のお父様の家も、私がFPの家で設計させていただいていて、ご子息だったご主人も、FPの家の住まい方が身についてらっしゃっるのかもしれませんね。

改めて、FPの家の高い性能にも驚きましたし、すごく嬉しく、安心して帰ってまいりました。

2019年08月08日(木) 19:15 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

長生きしたワンちゃん

今日は、朝一にエアコン追加工事をされるお客様店舗で、電源移設工事立会い。

夕方は、シーリングファンが壊れてしまったというお客様宅訪問。その他は設計作業と見積作業とあれこれ段取り作業でした。

最近どちらのお客様も、エアコンとか機械の故障で、メンテナンスのご依頼が頻繁に入ってきます。どれも急がないといけないものばかりで、なかなか対応に追われます。

シーリングファン交換となるお客様のお家で、昨日長年飼っていらしたワンちゃんが亡くなったとの話を聞きました。

設計をさせていただいた15年前には若くて元気なワンちゃんでした。17年と長く生きてきて、その間、FPの家にも住むことが出来たので、快適でもあっただろうし、幸せだったと思います。

家って、別に大豪邸でなくてもいいし、かといって雨風しのげればいいというわけにもいきませんよね。

ちょうどいい家って、やはり「冬暖かくて、夏涼しい家」ということになるのかなと思います。

ペットが喜ぶ家って、シンプルにそういうものだろうなと思います。

家を建てられるとき、ぜひ家の性能に関しては、妥協無く本物を選んでいただきたいと思うものです。

2019年08月07日(水) 19:08 | カテゴリー: メンテナンス, 家の性能について, 日記 | コメントをどうぞ

蒸し暑い夏に思うこと

今日は。オフをいただきまして、自宅の整理作業を行いました。

普段、仕事に集中していて、家の事がおろそかになってしまうのですが、さすがにちょっと手をかけなくてはと思いまして…。

今日も、外は暑かったですね。湿度も高いのかムッとする暑さで…。

でも、家の中で作業する分には、正直どこにいても涼しくて、やっぱりFPの家はありがたいなと思いました。

自宅は、20年前に建てたFPの家ですが、十分に、今の省エネ基準の設計で建てている普通の性能の家よりも、優れていると思います。

今、国の定める省エネ基準の中に、気密測定値の基準が無くなってしまったのは、各ハウスメーカーへの忖度だと思いますが、ほんとに悪いことだと思います。

断熱材を一定の基準値入れたとしても、隙間がある住宅は、本来の機能を果たしません。

隙間のあるせいで、本来の性能も発揮できないし、家の中に温度差も生まれます。

これだけ、夏の湿度の高さも考えると、見えない壁の中で発生する夏の逆転結露も懸念されます。

今一度、断熱材の重要性に加えて、気密工事の重要性もクローズアップしてほしいものです。

住宅の性能が上がって、本当に快適で長持ちする家造りが主流となることを祈ります。

 

追伸、当社ホームページの「掲示板」に、”春がきた”さんからのご投稿が載っております。12年目に気密測定をされた内容が載っています。ぜひ、ご参考にご覧くださいませ。

2019年08月04日(日) 22:33 | カテゴリー: 家の性能について, 想うこと, 日記 | コメントをどうぞ

エアコンの効き具合

今日は、午後から2件、業者さんと打合せ。その他は、自宅のエアコン交換立会いのほか、設計作業と見積作業でした。

20年稼働し続けた自宅のエアコンも、本日交換いたしました。日立のエアコンでした。

先日、水漏れがあって、カバーを外してドレンの掃除もしたのですが、それ以外からポタポタ水漏れがするようになりました。

エアコン屋さんに診てもらったのですが、見えないところのドレンの受け材にヒビが入ったのかもしれないとのこと。さすがにもう直せないとのことで、交換に踏み切りました。

まだ、冷えるんですけれどね。でも、十分働いてくれたと思います。

 

新しく取り付けたのは、三菱のエアコンですが、ものすごく冷えます。設定温度を上げないといけませんでした。

FPの家だから、なおさらでしょうね。20年前の家だとしても、変わらぬ高性能に気づかせてもらえました。

2019年07月31日(水) 19:01 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

気密工事の重要性

今日は、午前中に解体屋さんと、隣地の会社様へ工事挨拶とお願いに。午後は、日本住環境の結露対策のセミナーを聞きに行ってきました。

正直言いますと、FPの家を建てているものとしては、物足りなさも感じる内容でしたが、事例のグラフでFPの家のデータを引用して、断熱力が同等でも、その優れた気密施工が、健康に大きく影響しているという話があり、これには鼻高々でした。

断熱材が、いくら厚みも含めて入れてあっても、きちんとした気密施工が出来てなければ、温度差も生じるし、結露・カビも生えるという話です。

WHOでも、家の室内の温度は18℃を上回らなければいけないという文章も出てきたそうです。良いことですね。

これが、一般に高断熱をうたっている家でも、おそらく難しいんじゃないかなと思います。

 

それと気密測定結果の詳しい見方があって、これは勉強になりました。

こちら、昨日測定したTD邸のデータですが、通常はC値だけ気にしていますが、この中にn値というのがあります。

n値は1~2の間の数値になるのですが、1に近いほど良い数値で、隙間というのは小さい穴であり、2に近い数値だと、どこか大きな穴が開いているくらいで、気密工事に不具合があると判断できるそうです。

TD邸は1.02ですから、かなり良い数値ですね。

それから、国際的にはACHという値が隙間の基準として考えられるらしく、50Pa時の各定流量÷建物容量ということで、TD邸の場合は下記になります。

ACH=118㎥/h÷363.68㎥=0.32回/h

隙間による1時間当たりの漏気回数ということですね。

セミナーの事例で紹介されていた家でも1.44回/hとかなので、おそらくACHもTD邸は、かなり高い性能だと思います。(基準は1.5回/hを下回ることだそうです)

 

最後に良いこと言っておりました。

「断熱だけでは性能は向上しない」

”すきま”を埋めないと「結露」「不健康」「増エネルギー」「無換気」になるとのこと。

そして、気密工事は「管理が必要」。大事なことですね。

2019年06月20日(木) 18:53 | カテゴリー: お知らせ, 家の性能について, 日記 | コメントをどうぞ

C値0.11

今日は、午前中に完成気密測定を行いました。その後は、見学会備品の撤去と清掃作業。環境測定の設置などでした。

中間気密測定と同じ場所で測定。外部の風速は0.4m/sでした。

建物外皮の実質延べ床面積139.88㎡に対し、総相当隙間面積16㎝2しかありませんので、相当隙間面積C値は、0.114㎝2/㎡という優れた気密測定値が得られました。

換気風量計算の乱れもなく、良い数値は確信していましたが、これで本当に安心です。

2019年06月19日(水) 18:02 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, 現場, FP工法 | コメントをどうぞ

室内物干し

今日は、午前中にお客様来社打合せと設計契約。午後は、現場作業でした。

午後は、昨日加工したガス管の油分をとる作業でけっこう時間がかかりました。

とりあえず、物干しになる部分だけ取付しました。

3mはあるので、けっこう干せますね。サンルームではなくて、FPの家の室内です。そのほうが年中室内干しで乾きます。

サンルームは、換気しないと高温多湿になって、家を傷める原因にもなりかねませんから、24時間換気もされている、FPの家の室内干しなら安心です。

2019年06月01日(土) 17:53 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, 現場, FP工法 | コメントをどうぞ

クロス工事完了

今日は、午前中にお客様来社お見積り打合せ。午後は、現場確認と作業。その他は設計作業でした。

今日で、クロス工事も完了しました。29日までの予定が早くおさまりました。

来週からまた、造作や備品取付工事の作業に入ります。

暑い日が続きまして、クロス屋さんもさぞかし大変だろうと思ったのですが、FPの家で遮熱が効いているせいか、中のほうが涼しいとのこと。

壁紙のチョイスもなかなか面白いので、早くお見せしたいですね。

2019年05月25日(土) 18:13 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, 現場, FP工法 | コメントをどうぞ

中間気密測定

今日は、午前中に花堂中の現場の気密測定。その後は施工図と発注作業を行いました。

測定結果は、相当隙間面積C値=0.121㎝2/㎡と優れた数値が出てくれました。

完成時もまた測定してお引き渡しとなりますが、これで間違いないですね。

中間と完成時に測るのも、当社独自かもしれませんが、やはりここで問題がないか調べておかないと、仕上がってからでは直せないかもしれませんからね。

確かな性能が担保されてこそ、安心してお客様にお引き渡しができると思います。

2019年04月03日(水) 18:35 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

プロフィール

image
株式会社ライフ・コア デザインオフィス
〒918-8201
福井県福井市南四ツ居町1-121
TEL. 0776-54-5152

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

検索