夜の見学

今日は、午前中現場で電気屋さんと打合せ。その他は、設計と見積作業でした。

今日は、この後新潟からFPの家のお仲間の工務店さんが、当社のモデルハウスを見学に来られます。

その後、ゆっくり会食をする予定です。

見学も、夜見られると、よりいっそういい雰囲気が見られると思います。

2018年12月03日(月) 17:30 | カテゴリー: インテリア, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

中間と完成気密測定

今日は、午前・午後と気密測定を行いました。

午前中は、木田の現場で中間の気密測定です。

測定器の設置状況です。

総相当隙間面積が23㎝2で、断熱気密区画内の実質延べ床面積136.85㎡で割ると、相当隙間面積のC値が0.168㎝2/㎡です。

中間の時点で、充分な気密測定値でした。こちらは1回目の測定できちんとデータが出ました。

 

さて、次はMDK邸の完成の気密測定です。

気密測定器の設置状況です。

よく見ていただくとわかりますが、穴を空けています。

気密が良すぎて通気量が出ず、仕方なく10㎝の4㎝の穴を空けて測りました。

最初からではなく、無開口→10㎝2→20㎝2→30㎝2→40㎝2と大きくしていきました。

これで、手動操作で行って、それでもエラーが出続けたのですが、やっと出た数値がこちら。

総相当隙間面積が14㎝2で、この時点でおかしいですね。40㎝2の穴をすでに空けているのですから、逆にマイナスになってしまいます。

実質延べ床面積が119.79㎡なので、C値は0.116㎝2/㎡となります。開口を空けた状態で。

それからも、何度も測ってみるのですが、総相当隙間面積が18㎝2とかの数値を差すので、マイナスってなってしまいますね。

雨も降ってきて、やむなくこれで終了にしました。ここまでくると、機械が追い付かないのかもしれません。

測定がなかなかできなくてやきもきしましたが、この家の性能は間違いなく冷暖房はよく効くだろうし、家も長持ちするだろうと思います。

大工さん、電気屋さん、設備屋さんと、皆がコツコツと、気密工事に努力してくれた結果ですね。

2018年11月29日(木) 18:38 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, 現場, FP工法 | コメントをどうぞ

見学会終了

今日は見学会2日目で、無事終了いたしました。

昨日、1階のエアコンだけ21度設定で帰ったのですが、朝やっぱり暑くて19度まで落としました。

お客様が帰られてから、夜の撮影に入ったのですが、途中でバッテリー切れで、続きをまた撮影しに来ないとと思います。

エントランスホールからのリビングチラ見です。電球色の照明で、温かみがありますね。

ホール正面のガーベラは、水を欠かさなかったのですが、暖かすぎてか萎れてしまい、お昼にまた買ってたものです。

でも、玄関先にちょこっとでも、飾りがあるといいですね。この照明付のニッチも、当初の設計には無かったのですが、工事中に私からご提案して付けさせていただきました。

今回の建物は、30坪にもかかわらず、部屋数も収納も多くて、充分な間取りだと賞賛していただきました。

敷地の大きさや向き、高さ制限など、法律上の規制の中でも、なんとか工夫してご希望のプランをご提供できたと思います。

書斎やホームシアターなど、ご主人もご家族も楽しめる家になりました。

またひとつ、良い作品が残せてよかったなと思います。

お施主様には、見学会場としてお借り致しまして、本当にありがとうございました。

2018年11月25日(日) 19:28 | カテゴリー: インテリア, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

空調するロフト

今日は、午前中は若杉の現場で、完了検査立会いと作業。

午後は、現場廻りの後、若杉の現場で作業でした。

こちら、三つあるロフトの、中央にあるロフトです。

エアコンが付いておりまして、ここから、2階の部屋4部屋と、階下に向けて空調できる工夫がしてあります。物置と空調室を兼ねているんですね。

今朝も冷え込んでおりましたが、朝にエアコンを点けておいたら、午後は暑いくらいに暖まっていました。

見学会の日も、出来れば寒い1日になってくれると、FPの家の温かさが実感できるなと思います。

2018年11月21日(水) 18:24 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

ロフトの活用

今日は、午前中に越前市のお客様宅へ2件訪問。換気システムのメンテナンス。

午後は、お客様来社コーディネートその他打合せでした。

文化の日は、いつもお天気が良くなるようで、今日も日中は暖かいお天気でした。

さて、今日の写真です。

昨日、ご紹介したロフトの隣の部屋です。

エアコンも付いていますね。

このエアコンは、部屋のドアを開けて、夏場の冷房に、メインのエアコンの補助として、活用できるように考えています。夏は、上から冷やすのが得策ですからね。

FPの家は、屋根に断熱・遮熱材がしっかりと入っていますので、夏の太陽熱もしっかり防ぎます。

基本、1階で生活できる平屋の家ですので、こちらはなんにでも使える部屋になります。

ご夫婦だけでなく、ご家族も泊まれる部屋としてお使いいただけます。

2018年11月03日(土) 18:20 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

開放感のあるリビング

今日は、午前中現場段取りと確認。その後は設計作業。

この後、お客様来社設計契約の予定です。

 

今日の写真は、MNK邸のリビングの、日中撮影の写真です。

大きな窓が2か所と天窓の効果もあり、とても明るいリビングとなっています。

キッチンからの撮影です。

目線が広がりのある空間を見るので、開放感がありますね。

大きなテラス窓には、バンブーブラインドを窓枠内に、レースを表側に出して納める方法をとっています。

ワンちゃんがいるので、日中にブラインドを壊してしまう事のないように、日中は上げてレースで過ごすことも想定してのご提案になります。

屋根なりの空間が、2階ロフトに続きます。

ロフトからの見降ろしになります。

吹抜けも、なかなかこれだけの空間を取ることは少ないのですが、FPの家の遮断屋根パネルを使った、効果的なプランとなっています。

2018年10月31日(水) 18:05 | カテゴリー: インテリア, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

気密測定値ゼロ?

今日は、気密測定を2件行いました。

1件は工事中の中間検査。もう1件は完成の気密検査です。

若杉の現場での中間気密測定風景です。

こちら、ちょっと見にくいですが、開口を塞いでいるパネルの上に穴が空いているのが分かりますか?

10㎝×3㎝=30㎝2の穴を空けています。

気密が良すぎて、機械にエラーが出て測れなくて、最初は10㎝2がダメで、次に20㎝2空けてもダメで、それで30㎝2まで広げました。

結局これだけ空けても、自動測定では差圧の低い段階で、通気量が0をカウントしてしまうため測れなくて、手動に切り替えて差圧を高くして5点測って、なんとかグラフが出ました。

総相当隙間面積が30㎝2と出ていますが、30㎝2の穴を空けて測っていますので、これを引くと0㎝2となります。

つまり気密測定の相当隙間面積:C値のが0㎝2/㎡となってしまいます。

気密ゼロなんてありえないのですが、これだけシビアな数値は、機械では測れないところまできているのは間違いありません。

引違い窓が一つも無くて、押し開きの窓ばかりなので、数字が良くなることは分かっていたのですが、これほどとは・・・。

中間の測定なので、これからエアコンが付いたりしても気密は落ちるのですが、まずは完全に合格です。

午後から、高木中央の現場で完成気密測定も測りました。

うっかり、設置状況の写真を撮り忘れてしまいましたが。

こちらは、自動測定で測れて、結果もちゃんと出ました。

総相当隙間面積16㎝2に対して、相当延べ床面積83.23㎡で割ると、C値は0.19㎝2/㎡です。

大きな引違サッシ2か所と、エアコン3か所から、うっすら隙間風を感じましたが、これは仕方ないですね。

それでも十分な数値の結果となりました。

それぞれのお施主様にも、ご安心頂けると思います。

2018年09月14日(金) 17:40 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

今日は建て方

今日は、建て方を行いました。

昨晩になって、天気予報もどんどん悪くなっていって、夜中も気になって天気予報を見ていても、お昼から雨の覚悟をしないといけない感じで、もうなかなか寝付けませんでした。

朝になってみると。今度は7時に雨が降るという予報。逆に雨が去るのを待って、ブルーシートをめくろうかと、また心配しながら6時に現場に行きました。

でも、空を見ても、まったく心配のない天気。まさかの晴れとなり、逆に灼熱の暑さの1日となりました。

始まりは、まだ雲があったのですけれど、すぐに強い日差しに変わっていきます。

2階床梁ですね。太いのが入っております。

小落としの梁が入って、碁盤の目のようになっています。

床合板も留め付けて、水平耐力も充分です。

床合板が張られて、2階の柱を建てて、FPの壁パネル待ちです。

FPパネルが届きました。昨日電話して、1時間早く持ってきてと言って正解でした。

屋根パネルも降ろしました。

こちらは、小屋梁を組んだところです。

ロフト部分に、床合板が張られました。

妻壁と、屋根のケラバ材料を慎重に取り付けて、午前の工事は終了です。

午後からは、屋根パネルの取付です。

FP屋根パネルです。こうやって見ると、6寸勾配はけっこうきついですね。

構造用合板を張りつけていきます。

構造用合板の上に、エコヘルボードを張っています。

板金屋根の音を抑える効果のためですね。

板金屋さんが来て、ゴムアスファルトルーフィングも、追っかけ張っています。

14時45分には、大工さん鳶さん終了して、降りてきました。

15時半まで休憩して、解散となりました。

お客様にも、内部を見てもらいました。

こちらは、2階からロフトの見上げですね。

息子と張り廻したブルーシートの残りを、仕上げていきます。

三角部分もブルーシートを張り廻して、板金屋さんもルーフィング施工も終わり、これで雨が降っても大丈夫です。完了は16時でした。

天気予報は変わってしまって、明日もお天気のようです。

天気予報には振り回されましたが、やれると踏んだ勘もあたって結果オーライの1日でした。

お施主様ご家族様には、水分補給にたいへんお世話になりました。

心から感謝いたします。

2018年08月25日(土) 17:56 | カテゴリー: 日記, 現場, FP工法 | コメントをどうぞ

床合板施工/完成気密測定

今日は、朝一にお客様から電話で、天井に水漏れというので、すぐ訪問。

エアコンのドレン排水が詰まって溢れた模様です。

吸引器を使って、引っ張ってみたら開通しまして、たくさんへどろが出てきました。

パイプの内側に付いたへどろの皮が、何かの拍子にめくれて穴を塞いだのかもしれません。

お客様も、私が行くまでロフトのエアコンの床が水浸しになっているのに気が付かなかったみたいです。

エアコンが、ロフトについていたり、見えないところについているお宅は、ぜひ時々ご確認くださいね。

 

さて、若杉の現場ですが、昨晩10時頃にプレカットの担当者が代わりの材料を届けてくれたので、朝から工事が出来ました。

こちらは、床合板まで敷き詰め固定した状態です。

こちらに、ビニールの床養生シートを貼り付けました。

ブルーシートをぴっちり納めて完了です。

 

午後からは、大東の現場の完成気密測定を行いました。

1階の倉庫になる部屋に設置しました。

結果は、総相当隙間面積が19㎝2で、相当延床面積が106.81㎡なので、C値である相当隙間面積は0.17㎝2/㎡となりました。

多少、レンジフードからとサッシのハーフロックからの漏れはありましたが、十分な数値だと思います。

 

夕方には、高木中央の現場の外壁の最終チェックと外壁クリーニング確認。

明日には、足場をばらす予定です。

 

それにしても、今日は暑かったですね。しばらく涼しさがあってよかったのですが・・・。

明日も、暑くなりそうなので、皆さまも体調お気を付け下さい。

2018年08月21日(火) 19:10 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, 現場, FP工法 | コメントをどうぞ

中間気密測定

今日は、朝一現場打合せ。その後気密測定と躯体検査立会い。

午後は、経理の仕事と、お客様社屋訪問クリーニング打合せ。

その後、次の現場の確認とご近所挨拶など行いました。

いきなり、なんの写真かという感じですが、気密測定器を設置した写真を撮り忘れました。

こちらは、何回もエラーを起こすので、わざと穴をあけて測定したものです。

これで20平方センチメートルですが・・・。

これで出た結果が、19平方センチメートル。穴が空いた状態でC値が0.2㎝2/㎡の高気密です。

穴をあけた分を引くとマイナスになってしまいますね。

気密が高くてエラーが出るし、結果が出ても、どうしても数値にばらつきが出てしまいまして、まずは漏れが無いかを確認して、この中間測定は終了しました。

どうも建物が小さくて、気密が高いと、測定が難しいようです。

まずは、気密が高いという事で、完成時の測定で結果を出したいと思います。

2018年07月06日(金) 18:42 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

プロフィール

image
株式会社ライフ・コア デザインオフィス
〒918-8201
福井県福井市南四ツ居町1-121
TEL. 0776-54-5152

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

検索