健康な家を

今日は、朝一に現場確認と打ち合わせ。その後は経理の仕事と、施工図や発注作業でした。

現場のスケジュールも進捗を見ながら進めておりますが、お天気次第の部分もありまして、なかなか安心はできません。

やれることを早めにやっておくこと、それと自身の体調管理も大事だなと思っています。夜にゆっくり休むことも大事ですね。

 

冬の時期って、子供のころは、夜に冷たい布団に入るのが嫌で、足だけ温める電気アンカを入れていたのを思い出します。若い人は知らないかな。足は暖かくなるのですが、頭はキーンと冷えた室内で寝ていました。

今は、FPの家に住んで20年近くなりますが、こういうものに頼らなくても快適なので助かります。朝起きるのも、寒くて苦になるということがありません。

とにかく快眠できてるなという実感が、健康でいる基になっていると思います。

 

我が家は、隣に妻の両親の家があります。FPの家を建てるまでは、私も一緒に住んでおりました。それを建ててからすぐに、両親にも我が家で暮らしてもらっています。

冬でも夏でも、まったく家の環境が違いますからね。ほんとに楽に暮らしてもらっています。

 

今は、どこもかしこも、高気密・高断熱をうたっていて、どこも同じように受け取られてしまいます。

でも、断熱材の厚みから、気密工事の施工レベル。さらに換気システムの基本的な取り組み方から、全館冷暖房のご提案まで、トータルに理解して、ご提案できる会社は、絞られてくると思います。

FPの家には、ただ「断熱材を入れているよ。」だけでは実現しないノウハウがあります。そしてユーザーの皆様からの確かな「良かった。」の声。だからこの工法は、長く愛され、続いて残っているんですね。

ただ快適な家という、うたい文句ではなく、人の健康を守る家づくりになっていると確信しています。

2019年02月07日(木) 18:36 | カテゴリー: 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

FPの家デザインアワード2019

今日は、現場作業と確認を息子に頼んで、設計作業と発注作業を行いました。

さて、「FPの家」からお知らせがきました。

今年も「FPの家 デザインアワード2019」が行われます。

本日から、全国からノミネートされた作品の公開と、投票が始まりました。

投票期間は、2/4~3/8となります。ぜひこの期間にご覧いただきまして、デザイン性に優れた物件にご投票をお願いします!

投票された皆様の中から、抽選で豪華賞品のプレゼントもあります!

当社の物件も、今年も2物件ノミネートしていただきましたが、自分ではもちろん投票できません。

福井県の皆様は、いつも県別の投票数がかなり少ないので、まだまだ「FPの家」の知名度が足りないのかと反省もするところでもあります。

この日記を読んでくださった方々には、ぜひご参加いただきたいと思います。

 

今日の日中に、広告代理店さんが営業に来られて打合せしたのですが、「FPの家 福井支部」の広告も考えないとなと思っているところです。

新聞は、もうダメかなというところですし、TVコマーシャルもハウスメーカーの様に桁違いのお金でやる広告も打てません。

やはり、今はネットで見ていただくことが一番かなと思うところで、広告代理店さんにも提案してもらう話をしました。

なかなか共同の広告っていうのが難しいところなんですけれどね。 まずは「FPの家」って名前だけでも、出来るだけ露出していけたらと思います。

 

「月とジ・アーク」

2019年02月04日(月) 18:36 | カテゴリー: お知らせ, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

空調室となるロフト

今日は、空調室にもなるロフトのご紹介です。

MDK邸の真ん中のロフトには、エアコンがついております。

ここから噴き出す空調が、ロフト階段はもちろん、写真の奥に見えている壁のスリットから吹抜けを通して階下に。

そして、最大の特徴は、床に近いところについているエアパスファンです。

こちら、このロフトに面している4つの部屋分付いていて、各部屋からのスイッチで、空調した空気を引き込むことが出来るものです。

今回の建物、4つの部屋がそれぞれ独立していますので、本来ならそれぞれの部屋にエアコンが必要になってきます。

ただ、それではFPの家の性能からすると、もったいない話ですので、ロフトに1台付けたエアコンを最大限生かしてやってみようという試みです。

もちろん、ロフトのエアコン1台では、全館回しずらいので、1階リビングのエアコンと併用する形です。それぞれが補い合って、ご使用いただくことで、エアコンも無理のない運転をし、省エネにつながるものとなります。

2018年12月20日(木) 18:52 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

夜の見学

今日は、午前中現場で電気屋さんと打合せ。その他は、設計と見積作業でした。

今日は、この後新潟からFPの家のお仲間の工務店さんが、当社のモデルハウスを見学に来られます。

その後、ゆっくり会食をする予定です。

見学も、夜見られると、よりいっそういい雰囲気が見られると思います。

2018年12月03日(月) 17:30 | カテゴリー: インテリア, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

中間と完成気密測定

今日は、午前・午後と気密測定を行いました。

午前中は、木田の現場で中間の気密測定です。

測定器の設置状況です。

総相当隙間面積が23㎝2で、断熱気密区画内の実質延べ床面積136.85㎡で割ると、相当隙間面積のC値が0.168㎝2/㎡です。

中間の時点で、充分な気密測定値でした。こちらは1回目の測定できちんとデータが出ました。

 

さて、次はMDK邸の完成の気密測定です。

気密測定器の設置状況です。

よく見ていただくとわかりますが、穴を空けています。

気密が良すぎて通気量が出ず、仕方なく10㎝の4㎝の穴を空けて測りました。

最初からではなく、無開口→10㎝2→20㎝2→30㎝2→40㎝2と大きくしていきました。

これで、手動操作で行って、それでもエラーが出続けたのですが、やっと出た数値がこちら。

総相当隙間面積が14㎝2で、この時点でおかしいですね。40㎝2の穴をすでに空けているのですから、逆にマイナスになってしまいます。

実質延べ床面積が119.79㎡なので、C値は0.116㎝2/㎡となります。開口を空けた状態で。

それからも、何度も測ってみるのですが、総相当隙間面積が18㎝2とかの数値を差すので、マイナスってなってしまいますね。

雨も降ってきて、やむなくこれで終了にしました。ここまでくると、機械が追い付かないのかもしれません。

測定がなかなかできなくてやきもきしましたが、この家の性能は間違いなく冷暖房はよく効くだろうし、家も長持ちするだろうと思います。

大工さん、電気屋さん、設備屋さんと、皆がコツコツと、気密工事に努力してくれた結果ですね。

2018年11月29日(木) 18:38 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, 現場, FP工法 | コメントをどうぞ

見学会終了

今日は見学会2日目で、無事終了いたしました。

昨日、1階のエアコンだけ21度設定で帰ったのですが、朝やっぱり暑くて19度まで落としました。

お客様が帰られてから、夜の撮影に入ったのですが、途中でバッテリー切れで、続きをまた撮影しに来ないとと思います。

エントランスホールからのリビングチラ見です。電球色の照明で、温かみがありますね。

ホール正面のガーベラは、水を欠かさなかったのですが、暖かすぎてか萎れてしまい、お昼にまた買ってたものです。

でも、玄関先にちょこっとでも、飾りがあるといいですね。この照明付のニッチも、当初の設計には無かったのですが、工事中に私からご提案して付けさせていただきました。

今回の建物は、30坪にもかかわらず、部屋数も収納も多くて、充分な間取りだと賞賛していただきました。

敷地の大きさや向き、高さ制限など、法律上の規制の中でも、なんとか工夫してご希望のプランをご提供できたと思います。

書斎やホームシアターなど、ご主人もご家族も楽しめる家になりました。

またひとつ、良い作品が残せてよかったなと思います。

お施主様には、見学会場としてお借り致しまして、本当にありがとうございました。

2018年11月25日(日) 19:28 | カテゴリー: インテリア, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

空調するロフト

今日は、午前中は若杉の現場で、完了検査立会いと作業。

午後は、現場廻りの後、若杉の現場で作業でした。

こちら、三つあるロフトの、中央にあるロフトです。

エアコンが付いておりまして、ここから、2階の部屋4部屋と、階下に向けて空調できる工夫がしてあります。物置と空調室を兼ねているんですね。

今朝も冷え込んでおりましたが、朝にエアコンを点けておいたら、午後は暑いくらいに暖まっていました。

見学会の日も、出来れば寒い1日になってくれると、FPの家の温かさが実感できるなと思います。

2018年11月21日(水) 18:24 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

ロフトの活用

今日は、午前中に越前市のお客様宅へ2件訪問。換気システムのメンテナンス。

午後は、お客様来社コーディネートその他打合せでした。

文化の日は、いつもお天気が良くなるようで、今日も日中は暖かいお天気でした。

さて、今日の写真です。

昨日、ご紹介したロフトの隣の部屋です。

エアコンも付いていますね。

このエアコンは、部屋のドアを開けて、夏場の冷房に、メインのエアコンの補助として、活用できるように考えています。夏は、上から冷やすのが得策ですからね。

FPの家は、屋根に断熱・遮熱材がしっかりと入っていますので、夏の太陽熱もしっかり防ぎます。

基本、1階で生活できる平屋の家ですので、こちらはなんにでも使える部屋になります。

ご夫婦だけでなく、ご家族も泊まれる部屋としてお使いいただけます。

2018年11月03日(土) 18:20 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

開放感のあるリビング

今日は、午前中現場段取りと確認。その後は設計作業。

この後、お客様来社設計契約の予定です。

 

今日の写真は、MNK邸のリビングの、日中撮影の写真です。

大きな窓が2か所と天窓の効果もあり、とても明るいリビングとなっています。

キッチンからの撮影です。

目線が広がりのある空間を見るので、開放感がありますね。

大きなテラス窓には、バンブーブラインドを窓枠内に、レースを表側に出して納める方法をとっています。

ワンちゃんがいるので、日中にブラインドを壊してしまう事のないように、日中は上げてレースで過ごすことも想定してのご提案になります。

屋根なりの空間が、2階ロフトに続きます。

ロフトからの見降ろしになります。

吹抜けも、なかなかこれだけの空間を取ることは少ないのですが、FPの家の遮断屋根パネルを使った、効果的なプランとなっています。

2018年10月31日(水) 18:05 | カテゴリー: インテリア, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

気密測定値ゼロ?

今日は、気密測定を2件行いました。

1件は工事中の中間検査。もう1件は完成の気密検査です。

若杉の現場での中間気密測定風景です。

こちら、ちょっと見にくいですが、開口を塞いでいるパネルの上に穴が空いているのが分かりますか?

10㎝×3㎝=30㎝2の穴を空けています。

気密が良すぎて、機械にエラーが出て測れなくて、最初は10㎝2がダメで、次に20㎝2空けてもダメで、それで30㎝2まで広げました。

結局これだけ空けても、自動測定では差圧の低い段階で、通気量が0をカウントしてしまうため測れなくて、手動に切り替えて差圧を高くして5点測って、なんとかグラフが出ました。

総相当隙間面積が30㎝2と出ていますが、30㎝2の穴を空けて測っていますので、これを引くと0㎝2となります。

つまり気密測定の相当隙間面積:C値のが0㎝2/㎡となってしまいます。

気密ゼロなんてありえないのですが、これだけシビアな数値は、機械では測れないところまできているのは間違いありません。

引違い窓が一つも無くて、押し開きの窓ばかりなので、数字が良くなることは分かっていたのですが、これほどとは・・・。

中間の測定なので、これからエアコンが付いたりしても気密は落ちるのですが、まずは完全に合格です。

午後から、高木中央の現場で完成気密測定も測りました。

うっかり、設置状況の写真を撮り忘れてしまいましたが。

こちらは、自動測定で測れて、結果もちゃんと出ました。

総相当隙間面積16㎝2に対して、相当延べ床面積83.23㎡で割ると、C値は0.19㎝2/㎡です。

大きな引違サッシ2か所と、エアコン3か所から、うっすら隙間風を感じましたが、これは仕方ないですね。

それでも十分な数値の結果となりました。

それぞれのお施主様にも、ご安心頂けると思います。

2018年09月14日(金) 17:40 | カテゴリー: 家の性能について, 日記, FP工法 | コメントをどうぞ

プロフィール

image
株式会社ライフ・コア デザインオフィス
〒918-8201
福井県福井市南四ツ居町1-121
TEL. 0776-54-5152

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

検索