中間気密測定C値0.18

今日は、朝一に丸岡の現場の中間気密測定。その後、二の宮の現場確認打合せ。その後は、見積作業と設計作業でした。

今日は、お客様も立会いのもとで、工事中間の気密測定が行えました。

1回目の測定で、配管の塞ぎ忘れ部分と工事用玄関ドアの隙間を確認処理してから、こちら2回目の測定結果です。

総相当隙間面積が26㎝2ですから、隙間を全部寄せ集めても約5㎝角の隙間ということです。

これに建物外皮の実質延べ床面積141.68㎡を割ることによって、相当隙間面積のC値が得られます。

今回は、0.183㎝2/㎡という充分な結果ですね。

これで、安心して工事が進められます。

もちろん、完成時にも測定をして、お引き渡しするのが「FPの家」の原則です。

中間気密だけ測って終わりのハウスメーカーもありますからね。

完成までには、エアコンの工事などで若干気密が落ちる場合があるので、やはり完成時の測定をすることが大事なんです。

細かい作業

今日は、10時からお客様と打合せがあって、朝から準備作業。午後は丸岡の現場でお客様打合せ。その後、二の宮の現場で庭屋さんと打合せ。その後戻って設計作業と事務作業。夕方、お客様メンテナンス訪問で伺ったのですが、いらっしゃらなくて…。この後また設計作業の予定です。

二の宮の現場は、大工さんがあがってガランとしましたが、現在息子が細かい仕上げ工事中です。クロス屋さんが入る前の仮設足場や、造作材の角を丸める作業ですね。

角を丸めるというのは、通常の工務店だと、大工さんが糸面をとって終わりだと思いますが、当社では触り心地も含めて、優しい面をとる作業を行います。

見積にあがらない、こだわりの作業ですね。たぶん気が付かずに済んでしまう部分かもしれませんが。

来週は、少し家具工事と、クロス屋さんのパテ作業が始まる予定です。

すんなりと。

今日は、朝一に現場に行って墨出し作業。外構屋さんにポーチに手すりを取り付けるためのコア抜きをお願いしました。

どこも外構屋さんが忙しいみたいで、手摺の取り付け自体は、自分でやろうかと思います。

こちら何を撮った写真かというと、ロフトに上がる階段の手摺が付いたので撮ってみました。

チラッと見えていると思いますが、梁の上にも欄干のような手摺が付いております。

これも、安全性も考えながら、出来るだけシンプルに。しかも固定の仕方とかをどうするか、とか考えながら設計して、それをきっちり大工さんが施工してくれたので、ほんと嬉しくて…。

何をするにも、一個一個考え抜いて行いますので、手間も時間もかかりますが、だからこそ、すんなり目に入る感じに出来るのだと思います。

今日は建て方

今日は、丸岡の現場の建て方を行いました。

朝が明けてきました。ブルーシートをめくるところからスタートです。

柱から、どんどん建てていきます。

集成材と金物工法の軸組工法です。羽子板ボルトとか必要ないので、見た目がスッキリしていますね。

1階は、10時の休憩時点までで出来上がってしまいますね。

ロフトの床合板を敷いているところです。普通は屋根裏でしかないですが、当社のFPの家の場合、ここが十分使える部屋になります。

手前側は、広い1階の斜め天井吹き抜け空間になります。

FPの妻壁パネルを入れているところです。

FP遮断屋根パネルが、140㎜の垂木になりますので、1間飛びの母屋ピッチですが、母屋のサイズは240㎜と、普通の家のサイズと違って、ガッチリしていますね。

ロフト部分には、斜めに走る登り梁を使用します。振れ止めと空間の高さを取るためです。

屋根パネルを載せ始めました。今回は、屋根の頂点から合わせたかったので、上の並びから施工しています。

屋根の形が見えてきましたね。

屋根パネルは、下から見るとこんな感じです。骨組み部分に後から補助パネルを入れて繋ぎます。

ロフトの床下の天井部分です。細かく井桁に組んであるので、水平硬性が上がります。

屋根パネルの下段を取り付け始めました。

繋ぎ部分に補助パネルを納めていくところです。

リビングの天井はこんな感じです。

屋根パネルの上からも気密テープを貼っています。あくまで補助的なもので、すべて気密テープは中から貼ります。

屋根パネルの上には、針葉樹合板を張り、さらにエコヘルボードという音の干渉材を張っています。

板金屋さんが来て、ゴムアスファルトルーフィングを葺いてくれています。

これで雨が降っても大丈夫ですね。

ブルーシートを張る前に、裏側も写真を撮っておきました。

4時には終了して、最後のブルーシートを張って完了です。

お施主様も、最後まで見守ってくださって、本当に今日はお世話になりました。

こちらも、良い家になりそうで楽しみです。

これからまた、しっかり現場管理していきたいと思います。

東京出張でも学んで。

今日は、午前中にショールーム2件廻って、午後から東京にいる息子と合流してから帰ってきました。

1件目のショールームは、当社モデルハウスでも採用したラミナムです。

ラミナムはセラミックの板です。釘で擦っても傷がつかないくらい硬いものです。

こちら壁も、テーブルもラミナムですね。

すごい色柄も揃っているのですが、こういのは小さなサンプルでもわからないですね。

3㎜とか5㎜の板なんですが、キッチンの扉にこんなきれいな加工もしていました。

なかなか手間がかかると思うのですが。

これなんかも、かなりの技術ですが、やるとなると、原版を買ってからこちらの家具屋さんで加工してもらわないといけません。地道な作業になりそうです。

 

2件目は、大光電機のショールームに行ってきました。

こちらは、入り口にあったスタンドですね。

ダウンライトの種類や色の見比べや、間接照明の器具を見てきました。

 

その後、息子と食事をとってから、新幹線の時間まで、東京駅のステーションギャラリーに行ってきました。

昔のままのレンガ部分を見せているところもありまして、レンガも所々木を入れているところがあったみたいで、焼け焦げていたりしました。すべて重要文化財です。

メスキータという画家の展示が行われていて、特に木版画の技術が凄かったです。

彫り方だけで陰影や膨らみを表現するなんて…。

興味深かったのは、版画を押しては修正してを何度も繰り返している過程が見られたこと。

プロでも一発勝負じゃないんだなというか、手を加え、試行錯誤して仕上げるんだということが、なにか共感もするし、安心しました。

そうやって、良いものを造りあげようという思いが伝わってきました。

駐車場コンクリート打設

今日は、朝一から花堂中の現場の駐車場コンクリート打設作業。午後は、建築ご相談のお客様来社。その後、現場に戻って細かい作業と清掃コンクリート養生作業でした。

家の前を一気に打設する形になるのですが、両サイドに化粧砂利のスペースを作ったので、家にも裏にも歩いて出入りができるように計画してあります。

今回、打設時に目地棒を入れる工法を採用しました。右が型枠用の目地棒で、左はまっすぐに目地棒を入れるための定規となります。

ワイヤーメッシュは目地を入れる場所でカットしてあるので、必ず起こるであろう、ひび割れは、目地内で誘発させるという方法です。

打設完了時ですね。これで終わりでなくて、これから押さえに入ります。

表面を平滑にするための円盤作業です。

それからコテできれいに仕上げていきます。

今日も暑い日で、乾くのも早く、左官屋さんも大変だったようです。

もうカチカチなんですが、一応クラック防止のため水巻養生をしました。

完了ですね。

タイル割

今日は、朝一に基礎屋さんと打ち合わせ。午前中にちょこっと現場確認と打合せ。その他は急ぎの見積作業と設計作業に没頭しました。

とはいえ、リフォームとかメンテナンスとか、ちょこちょこ工事のお話しが、どんどん来るので、集中するのが大変です。

現場の段取りと発注作業もあるので、次々と手を打ってはいるのですが…。ひとつひとつ確実に終わらせていかなくてはと思います。

左官屋さんにタイル工事をしてもらっているところです。今日は目地入れを行っています。タイル割もうまくできていますね。

私もうるさく言うので、作業中にも何度も電話をかけてきてくれます。でもそのほうがいいですね。勝手にやられると困りますものね。

施工図を描いて、打合せをして、さらに工事中も打合せをして。手をかけた分、きちんと出来上がるものだと思います。

家具階段

今日は1日現場で作業でした。大工さんと一緒に家具階段を作りました。

組み立て加工中です。

手摺まで取り付けました。

固定はしましたが、またビスを外して動かせるようにして作ったものです。

収納がたくさん出来そうですね。

ロフト階段の工夫

今日は、お客様宅4件訪問。換気メンテナンスや、あれこれご相談や確認や作業をさせていただきました。

木田の現場も、今日は大工さんが友達の大工さんの応援で、建て方に行きましたので、空いている間に片付けやお掃除などさせていただきました。

こんな雨の中で、建て方も大変だったろうと思います。当社だったら延期する天気です。

 

さて、また若杉のMDK邸のご紹介をもう少ししていきたいと思います。

こちら、真ん中のロフトに上がる階段です。梯子ではないので、楽に上り下りできます。

廊下から見るとこんな感じになります。

2段分、廊下に飛び出していますよね。これだと、ちょっと普段使いに邪魔になります。

そこで、こうなります。

わかりますでしょうか。2段の階段分を持ち上げて階段に載せて仕舞えるようにしたものです。

物置として使うロフトですので、必要な時だけ段を降ろして使えばよいわけです。

小さいお子様も、これで勝手に上がれないので、同時によかったですね。

スペースの限られた場所で、いかにするか、何度もプランを書き直して決定したものです。

寸法的に建築基準法にも合致しなくてはいけませんしね。

頭をひねって考えた階段です。

TVボード

今日は、午前中に見学会備品の引揚げ作業。午後は、大工さんに残工事をお願いして、私は清掃作業。夕方に打合せと、この後お客様来社打合せの予定です。

こちら、大工さんに造ってもらったTVボードですね。

左から入って、奥が昨日ご紹介した書斎スペースです。

天井部分も抜けがあるので、なおさら工事が難しかったのですが、お施主様の当初からのご希望ですね。

両面が棚になっていて、間に配線が通る薄い壁があるのですが、コンセントや空配管、スピーカーコードが配線されています。

デッキが置かれる部分は、書斎側に抜けているように造ってもらったので、配線が後ろから出来る利点があります。

TVボードの前にスクリーンが降りるように、スクリーンボックスを造っています。

将来のプロジェクター用ですね。

ぜひまた、実現して頂きたいと思っています。

プロフィール

image
株式会社ライフ・コア デザインオフィス
〒918-8201
福井県福井市南四ツ居町1-121
TEL. 0776-54-5152

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

年別アーカイブ

検索